藤井動物病院

がん治療

悪性腫瘍=癌(がん)に対しての当院の考え方

家族の一員である動物が癌(がん)を診断されることはとても辛いことです。また、戸惑ってしまうことと思います。当院では癌に対しても最善の治療ができる様に、動物たちがつらい思いをせず、より良い生活ができるように、最大限の努力をしております。癌は治るケースも多く、根治には、獣医師そして飼い主さんによる早期発見が最大の助けになります。

腫瘍について

早期発見の重要性

当たり前ですが、動物は言葉を話しません。よって腫瘍の発見が遅れることも多いです。早期発見のためには「観察」「健診」が重要です。

腫瘍(しゅよう)には良性と悪性がある

腫瘍は良性と悪性がありますが、悪性のものを癌(がん)と呼んでいます。

  • 腫瘍は体の中の異常細胞が規律を乱して増殖を繰り返し、成長する
  • 悪性(=がん)は再発や転移をしやすい
  • 癌(がん)には積極的な治療で戦っていく必要がある
  • 良性は再発しない(例外は除く)
  • 良性でも、大きくて動きづらい、筋肉など他の臓器を圧迫して障害がでる場合は、取り除くことが必要

寿命が延びていることで腫瘍の発生率は増加

動物にも腫瘍は多発します。そして年齢が行くに従って増加傾向になります。

  • 寿命が長くなっている現在は増加傾向
  • 犬の腫瘍の発生は、ほぼ人間と同じ確率
  • 猫での発生は犬ほど多くはない