藤井動物病院

犬の健康のために

前十字靱帯断裂

前十字靱帯断裂とは?

前十字靱帯とは、膝関節を構成する靭帯の一つです。 この靭帯は、脛骨の前方への突出、内側への回転を抑制しています。この靭帯が部分的もしくは完全に切れてしまった状態が前十字靱帯断裂です。前十字靱帯断裂は、犬では一般的な整形外科疾患の一つであり、関節の不安定性により痛み・関節炎を生じることがあります。加齢性および変性性変化が生じた結果、わずかな外力のみで生じてしまうことが多いと言われています。

症状・徴候

膝関節図
  • 跛行
  • 後ろ足の挙上
  • 運動後の後ろ足の硬直
  • 運動をいやがる
  • 関節の痛み(触った時や動かした時など)
  • 関節の腫れ
  • 歩行時のクリック音
  • 座った時に後ろ足を投げ出す。

診断方法について

膝関節レントゲン 診断はまずは全身状態の評価から行われます。膝関節の触診では、Cranial Drawer Test(脛骨前方引き出し試験)、Tibial Thrust Test(脛骨圧迫試験)を行います。また、関節炎の存在や、今後の治療方針の決定の為にレントゲン検査を行います。

治療方法について

前十字靱帯断裂の治療の目的は、痛みからの解放・後ろ足の機能の改善・関節炎の進行を抑えることです。これらを達成するために、様々な治療方法の中から動物の状態(犬種、年齢、体重、活動性など)に適した治療法を選択します。当院では、それぞれの動物に最適な治療法を提案できるよう、設備・機材を揃えています。

内科的療法

10kg以下の小型犬では、外科的な治療を行わなくても、内科的な保存的治療(非ステロイド性抗炎症剤の内服や、体重の減量)により、症状の改善・十分な機能の回復が得られることがありますが、小型犬でも痛みが取れない場合や、中・大型犬では通常外科的治療が必要となります。 治療薬

外科的治療

現在、前十字靱帯断裂の治療に行われている主流な手術は以下の方法です。触診や、レントゲン所見に基づき個々の動物に適した手術方法を選択しています。当院では中型、大型犬ではTTAをメインに、小型犬ではLateral Suture法を行っています。