藤井動物病院

犬の健康のために

避妊・去勢

近年、避妊手術・去勢手術を受けるワンちゃんが多くなってきていますが、受けさせるか迷っているという相談も多く寄せられます。 そこで、ここでは避妊手術・去勢手術のメリット・デメリットおよび当院での手術方法をご紹介します。是非、ご参考になさってください。

メリット

発情時のストレスからの開放

発情時には、異性の動物が気になってしまうため、行動が落ち着かなくなり、動物にはかなりのストレスがかかっています。中には発情の時期に体調を崩してしまうワンちゃんもいます。
また、雌犬では発情時に外陰部より出血があるために、お部屋が汚れてしまうこともありますし、発情後1~2ヶ月の期間は偽妊娠期間というものがあり、 妊娠の有無に関わらず乳腺がはったり、乳汁の分泌が認められたりして乳腺炎になってしまうこともあります。その他、巣作りなどの行動の変化がみられることもあります。

生殖器系の疾患の予防

疾患の中にはホルモンの影響によって起こるものがあります。避妊・去勢手術を行うことで100%生殖器系の疾患を予防できるわけではありませんが、ある程度の生殖器系疾患が予防可能となります。代表的な疾患は以下の通りです。

雌犬

  • 卵巣腫瘍
  • 子宮蓄膿症
  • 乳腺腫瘍
※乳腺腫瘍に関しては、早期に避妊手術を行う方が発生率が低いことがわかっています。

雄犬

  • 精巣腫瘍
  • 前立腺疾患
  • 肛門周囲腺腫
  • 会陰ヘルニア

望まれない繁殖を防ぐことができる

ワンちゃんの場合は、こういったことは比較的稀ですが、多頭飼いの場合や発情期の雌犬を他の犬のいる所に連れて行く場合には特に注意が必要となります。

行動学的なメリット

行動学的な変化は、個体差や手術時の年齢などが関係してくるので、必ず効果があるわけではありませんが、マーキング行動が減少したり、性格が穏やかになったりすることがあります。

デメリット

子供を生むことができなくなる
全身麻酔が必要

特に、高齢の場合や何か疾患がある場合には、麻酔のリスクも上昇します。したがって、手術の前には全身状態の検査を行い、麻酔をかけられるかの評価を行います。

手術の時期

雌犬においては、初回発情が来る前に避妊手術を行った場合と、初回発情から2回目の発情の間、2回目以降で避妊手術を行った場合で比較すると、乳腺腫瘍の発生率は0.05%、8%、26%と早期に避妊手術を行う方が、発生率が低いという報告があります。 犬種にもよりますが、多くの犬は生後6~8ヶ月齢時に初回発情を迎えるので、その時期を目安に手術の予定を組み立てると良いでしょう。

雄犬の場合は、手術時期と疾患の発生率の関係は雌犬ほど厳密ではありませんが、マーキング行動の減少や性格が穏やかになることを期待するのであれば、なるべく早期に行う方が良いでしょうから、6ヶ月齢くらいを目安にすると良いでしょう。

避妊手術・去勢手術方法

避妊手術

避妊手術の方法には卵巣摘出術と卵巣・子宮摘出術がありますが、当院では基本的に卵巣摘出術を行っております。 その理由としては、発情に関連する性ホルモンは主に卵巣から分泌されているため、卵巣のみの摘出でも先に述べた避妊手術の効果を十分達成できるからです。また、卵巣摘出術の方が手術時間や出血量を最小限に抑えることができます。

卵巣摘出術について

避妊手術の手術方法は2通りの方法があり卵巣のみを摘出する方法、卵巣子宮全摘出を行う方法があります。当院では以下の理由から健常な犬猫に対しては、卵巣摘出術を推奨しております。

1. 卵巣摘出術と子宮卵巣全摘出術の間での生殖器疾患の発生率は変わらない

卵巣摘出術のみでは将来子宮蓄膿症にかかると心配される方がいますが、子宮疾患は卵巣からの雌性ホルモンの影響により発症します。そのため、確実な卵巣摘出術を行う事で子宮疾患に罹患することはまずありません。

2. 卵巣摘出術の方が生体への侵襲が少ない

手術時の切開創は卵巣摘出術の方が小さいため、技術的には高度ですが、通常卵巣子宮全摘出術に比べ手術創は1/2以下で済みます。

3. 手術後の合併症について

ある報告では術後の泌尿器に関連したトラブルが起こる可能性は、卵巣子宮全摘出術の方が卵巣摘出術よりも高いことが示されています。

参考文献

去勢手術

陰嚢前方の皮膚を切皮して、左右の精巣の血管を止めて摘出します。ただし、精巣が陰嚢内に降りてこない停留睾丸の場合は鼠径部の皮膚を切皮したり、開腹手術が必要になったりします。

ワンちゃんの年齢や手術後の様子にもよりますが、基本的には避妊・去勢手術は1日入院となります。

生体内に糸を残さない手術方法

避妊手術・去勢手術時に血管を結ぶ糸は吸収糸を用いて行っています。 これは約半年ほどで生体に吸収される糸であり、糸に対する生体の反応もほとんど問題になりません。しかし、ごく稀にこの糸でも生体の炎症反応が起こってしまうことがあり、縫合糸反応性肉芽腫などが近年問題となっています。これは特にミニチュア・ダックスフンドで起こりやすいことが知られています。

そこで、当院では糸を使わずに血管を閉鎖するバイクランプという機器を導入しています。
これにより、生体内に糸を残すことなく手術を行うことが可能となります。 糸を使用するか、バイクランプを使用するかは飼い主様に選んでいただくことが可能です。

安全・安心医療を目指して