藤井動物病院

藤井動物病院 公式ブログ

12月12日は藤井動物病院の日

総務スタッフです。12月12日は藤井動物病院の日です。私は最初、この日がなぜ、藤井動物病院の日なのか、わかりませんでした。開業は1954年(昭和29)の9月1日ですし、何に由来した記念日なのか、ずっとわからずにいました。

それがある日、1998年に発行された「初心」という当院の記念誌を見ていた時にわかりました。現院長の藤井康一がこの日を藤井動物病院の日と決めていたのです。

この日は創業者であり初代院長の藤井勇に由来します。藤井勇は1930年(昭和5)生まれで、24歳の若さでこの藤井動物病院を開業しました。このブログでも書いていますが、専門書もない時代、臨床と学会発表を重ね、小動物医療の発展に寄与します。とりわけ、当時死の病であったフィラリア症病態の一つ犬糸状虫の後大静脈塞栓症の発見や頸静脈からの虫体の吊り出し方の手術の開発は画期的な発表でした。

その貢献は藤井動物病院内におさまらず、1967年(昭和42)には横浜小動物臨床研究会を創立し初代会長に就任、1976年(昭和51)には横浜市獣医師会会長、翌年からは日本小動物獣医師会副会長となるなど、小動物医療の発展、獣医師の地位の向上に身を捧げてきました。

藤井動物病院_藤井勇

当時新築の病院にて診察をする藤井勇先生(1988年頃)

記念誌にある当院から独立開業した先生方からの言葉には「熱血で仕事には厳しい」「涙もろく人情に厚い」とあり、厳しい中にも優しさや思いやりがあるお人柄だったのだと伺えます。

12月12日は初代院長、藤井勇の命日です。亡くなったのは1997年ですから、今年でちょうど20年目を迎えます。その1周忌に創立者の理念を忘れないようこの日を現院長が記念日としたのでした。(偶然にも12月12日は1212(ワンワンニャンニャン)の日です)

あれから20年。院長の藤井康一をはじめ獣医師、動物看護師がその意志を継いできました。それはただ意志を継いだのではなく、さらに発展させてきたのです。

「初心忘るべからず」。その思いを胸に我々スタッフも身を引き締めて参ります。引き続きよろしくお願いいたします。

【獣医師、看護師をめざすみなさんへ】理想のキャリアパスとは?

総務スタッフです。新卒セミナーなどで学生のみなさんと会話していて感じるのは、キャリアパスについての興味関心が高いということです。私も職務柄、様々なホームページを見ますが、キャリアパスについて入社数か月後、1年目、2年目、3年目、5年目、10年目など、年度の節目節目の目標と行動が事細かに書かれているケースも多く見受けられます。

学生のみなさんにとって、キャリアパスは重要なことかと思います。なぜなら将来設計を立てる上で、大きな指針になるからです。キャリアパスという指針があることで、自分がやりたいことと、やらなければいけないことが明確になります。入社してからの行動が明確になり、そのサポート体制が充実していれば、安心でしょう。

当院でも、獣医師は「5年以内に開業をめざす獣医師」と「勤務医として外科の総合医をめざす獣医師」の2通りがあり、その基礎として「診断を正確に下す論理的思考を身につける」「根治をめざす外科技術を身につける」ことに力を注いでいます。日頃の臨床から学ぶことは多く、その実践こそが将来、動物の命を預かる一人前の獣医師として重要です。

動物看護師においても同様で、日々の獣医師のサポートから当院の考え方を学び、社内資格だけでなく、認定資格の取得、希望者は海外研修など、動物看護師としてのキャリアを積んでいっていただきます。

これは私が個人的に考えることですが、獣医療に携わる方々の成長とは、動物たち飼い主さんのために、正しい診断ができること。根治のための最短をめざすこと。その思考や技術を身につけることに他なりません。それは社内で役職を上げることでも、地位を上げることでもなく、ましてや短期間で責任者としての役職を任されることではないと思います。

大切な命を預かる職業としての誇りは、その命に対して、正しい診断と治療ができることにつきます。藤井動物病院はその動物医療としての大事な動物の命、安心できる医療にフォーカスをあて、キャリアが積める教育プログラムです。みなさんにとっての理想的なキャリアパスはどういったものでしょうか。私は獣医療に対して真に実力がつく、その実力で動物の命に貢献できることこそが、真の理想のキャリアパスだと思うのです。そういった思いがある皆さんに出会えることを心より願っています。

獣医師の募集

動物看護師の募集

ペットを連れて旅行や外出する前に

総務スタッフです。先日、日本経済新聞(11月2日 夕刊)に「結婚式も旅もペット連れて」という記事がありました。読んでいくと、ペットが参加できるウェディングプランで、犬が結婚指輪を運んだり、結婚証明書に肉球を押印したりと注目を集めているようです。

IMG_4318

その他にもペットと一緒に泊まれるコテージの紹介や、中にはヨガも愛犬と一緒にリラックスなど興味深いことも書かれています。

「ペットも家族だから一緒に楽しみたい」という要望も高く、サービスを提供する側もペットと一緒に参加できることは集客のカギとなっているのでしょう。様々なサービスが増えてきましたね。移動においてもエアラインでもペットでおでかけサービス(貨物室での預かり)などホームページでも案内しています。ご参考:JAL「ペットをお連れの方」  ANA「ペットをお連れのお客様

ペットと一緒に過ごすことが増えることはとても良いことだと思います。ただ、それに伴い気をつけないといけないことも多いです。藤井院長の過去のTweetには、下記のことが書かれています。

「旅行に行く前にやっておきたいことは、動物たちに酔い止めと突然の嘔吐下痢などの、常備薬を動物病院でもらっておくことです。旅先で少しやわらかい便などをしたときに早い対処で大事にならないこともあります。主治医と相談をしてその子にあった準備をしてください 2013年4月27日」

「車での長距離の移動を考えている方は、猫はかごに入れて出さずに移動して、ひどく興奮する子は病院で精神安定剤を処方してもらって下さい。犬は室内を歩き回らせずに、シートベルトなどに固定して、日陰にしてあげて下さい。車酔いのひどい子は酔い止めを処方してもらう事をお勧めします。快適な旅を。2014年8月8日」

「(前省略)他の犬猫がいる場所に行くときは、ノミダニの予防、7種以上のワクチンが理想です。(中省略)ゴミの誤食に注意して、「ドッグランでは怪我、特に深い傷には破傷風の危険があります。2016年5月21日」

「日帰り旅行などから帰って来た翌日の嘔吐や下痢はかなり多いです。食べ物が変わることや、環境が変わることによるストレスなどが原因です。旅行中は水分補給は大切ですが、食事は普段より多くあげたり、特殊なものをあげたりしないようにしましょう 2013年4月27日」

私の個人的な話で恐縮ですが、私自身、移動が多いとお腹を壊したり、疲れがかえってたまったりすることも多くあります。動物もそういったストレスもあると思います。

またこれからの時期、さらに冷え込みますから、外出には注意が必要です。特に猫の適温は28度くらいですので、急な外出で、体温を奪われて体調を崩すことが多くなります。(ご参考:2017.11.5藤井院長のTweet)

どちらにしても、ワンちゃん、ネコちゃんとお出かけの際には、体調に気をつけて、主治医に事前にご相談いただけると良いと思います。

動物看護師の募集について

総務スタッフです。先週に引き続き、今日(10月29日)も台風に警戒が必要です。気圧も下がりますので、十分にお気をつけいただきたいと思います。

さて、久しぶりに動物看護師の募集について書きたいと思います。前回の募集で、アルバイト・パートの方は、多くの応募があり、採用に至りました。ありがとうございました。

動物看護師の正社員は引き続き募集をしています。特に2018年度卒業予定者を中心とする新卒の方や第二新卒の方にこのブログが届けば良いなと思い、書いています。

動物看護師の応募要項はこちら

来春新卒予定の学生さんの多くは春先に就職先を決定しているかと思いますが、なんらかの理由があって決定していない学生さんもいらっしゃるかと思います。
第二新卒の方は、今の職場に満足できていない方もいらっしゃるでしょう。

ご存知のとおり、動物看護師は、大切な動物の命に携わり、求められるスキルは多岐に渡ります。動物看護師として診察、検査、手術の準備や獣医師の補佐をするなど、動物医療補佐業務に必要なスキル。また、常に獣医師と連携する上で、コミュニケーション能力も求められます。もちろん飼い主さんとのコミュニケーションも大切です。

こう書いていくとなんだか厳しい世界に感じますが、どの仕事も厳しさは同じはずです。動物看護師だから厳しいということではありません。

あと「どういった方が動物看護師に向いているのか?」という質問がありますが、ひと言でいえば「動物が好きで、素直で明るい方」です。

特に社会経験のない新卒の学生さんにとって、素直さは大事です。素直なことで吸収も早く、動物看護師としての考え方、振る舞いも身についていきます。

当院には、新卒で入社した動物看護師が3名います。各々、最初は不安もあったかと思いますが、数年間、毎日を積み重ねたことで、飼い主さん、獣医師から信頼がついてきています。

過去のブログに「動物看護師の仕事風景」や「動物看護師のキャリアアップについて」も掲載されていますので、ご参考ください。

ぜひ、一緒に横浜ではたらきましょう。応募をお待ちしています。
動物看護師の応募要項はこちら

台風や低気圧の時には要注意

総務スタッフです。今日は10月21日です。本来であれば季節の良い秋。お出かけを予定していた方も多くいらっしゃったのではないでしょうか。今日は、あいにくの強い雨(8:58現在)。そして雨だけでなく、超大型で非常に強い台風21号が日本に近づいています。明日23日には上陸の恐れがあるということです。

気圧が低くなると、体がだるく感じることはありませんか。個人的な話ですが、私は気圧の変化(低気圧)で軽い偏頭痛が起こります。特に大きな台風の時は気圧が下がり、その傾向が強くなります。

低気圧を回避できませんが、私は、スマホにも気圧の状況がわかるアプリ(頭痛—る)を入れ、急激に気圧が下がる時には注意するようにしています。

今朝 、自宅でこのアプリを眺めていたのですが、台風接近が近づくに連れ、急激な気圧の変化が予測されていました。
IMG_4241

人にも影響を与えるこの気圧の変化ですが、動物にも影響があると言われています。前回、猫の腎不全について触れさせてもらいました。そもそも腎臓は血液をろ過し、いらない不純物を尿として外に排出する臓器です。低気圧=私たちの外の圧力が下がることで、血管が膨張し、血の流れが滞ります。腎臓が悪い場合、血液がろ過しきれず、血液に不純物が残ったまま、体中をめぐってしまいます。

また、寒くなるとあまり水を摂取しなくなるため、腎臓の悪い場合、尿だけが出て脱水し始めて、ますます腎臓が悪くなります。院長のTweetにもありますが、水分の多いフードを与えるなど水分補給を心がけてください。

水分補給だけでなく、特にここ数日、台風など低気圧によって体調や様子の変化がないか気にかけていただき、気になることがあれば診察の際、獣医師にご相談ください。

猫の腎不全。予防のための定期的健診

総務スタッフです。先日は「進む高齢化。大切な予防医学」というタイトルで、ブログを書きました。その際に、猫の関節炎についても触れましたが、猫は、慢性腎臓病、腎不全も多いことで知られています。

腎不全は、どのデータを見ても、猫の死因上位(トップ or 2位など)で初期症状がわかりにくいのも特徴の一つです。

院長のTwitterにも

など、繰り返し、猫の腎機能について、泌尿器疾患、腎不全のことについての投稿があります。

世間の注目はどうでしょうか。ネット上の検索キーワードなどを元にし、トレンドを把握するGoogleトレンドで見てみます。

googleトレンド 猫 腎不全

Googleトレンド「猫 腎不全」の結果

Googleトレンドのグラフを見ても、ここ数年の「猫 腎不全」に関する注目の高まりを示唆しています。気になる方が増えているのだと思います。

院長のTweetにもあるように、猫の慢性腎不全は、症状が現れにくいので、気がついたときには、既に進行しているケースがほとんどです。また、ここ数日のように急激に寒くなってくると、水をとらなくなり、尿だけが出て、ますます腎不全が悪化してしまうケースも多いようです。

最近では、腎機能低下の早期診断も可能になっています。獣医師への早めの相談、予防のために定期的な泌尿器健診、血液検査や尿検査による腎機能の早期診断などをおすすめします。

安全・安心医療のための機器導入 全身麻酔装置

総務スタッフです。当院は、安全・安心医療のために様々な医療機器を導入しています。その本意は、以前のブログ(最新医療機器導入の本意)にも書かせていただきました。

「医療機器は、お金さえ出せばどこの病院でも導入できる。大事なのは、その導入する目的と理由」というのが院長の言葉でもありますが、今回導入した機器をここでもご紹介したいと思います。

今回導入したのは、ドイツのドレーゲル社の全身麻酔装置Drager Fabius Trioです。

麻酔器 Drager Fabius Trio

特長として

・機械が動物の換気量や呼吸回数などを的確に感知する。
・一定の圧による自動換気を行うことができる。
・低流量麻酔のためのシステム配慮
・これらにより適切な深度の麻酔を安定して供給することが可能。

また、万が一医療ガスが途絶えた緊急時でも一定時間の自動換気を続けることができます。

ご参照:(手術用機器:http://fujii-vet.com/guide/equipment/surgery/

以上のことから、非常に安全面に配慮された最新医療の麻酔装置と考え、導入しています。

この麻酔器は人間でも多く使われています。以前、天皇陛下が心臓の手術を受けた時の麻酔器もこちらのものです。

ここからは補足情報ですが、ドイツのドレーゲル社のウェブサイトをみれば、同社は、今から130年近く前の1889年に創設された、医療および安全技術の分野で世界をリードする国際企業で、世界中に13,000人以上のスタッフ、世界190カ国以上に拠点、50カ国以上に販売およびサービス組織を保有していると明記されています。

藤井動物病院は最新医療機器と医療技術、ハードとソフト面、双方を充実・向上させ、みなさまに安全と安心していただける医療をご提供して参ります。

進む高齢化。大切な予防医学

総務スタッフです。先日、新聞を見ていたら「90歳以上、初の200万人超え」という記事がありました。調べてみると、今から37年前の1980年の90歳以上人口は、12万人、13年前の2004年で102万人ですから、加速度的に増えていることがわかります。

65歳以上の人口も総人口に占める割合が27.7%と過去最高ということで、いわゆる総務省が定義する高齢者割合は今後、さらに増えていくでしょう。

高齢化は何も人の世界だけではなく、動物の世界もそうです。ある統計によれば、2016年の犬猫の平均寿命は、犬14歳、猫15歳と過去5年間の傾向では伸びています。

また、犬の年齢をみると、13歳以上が約20%と、5年前に比べると4%近く伸びています。

人も年齢が高くなると、様々な病気がでてくるように、動物も同様です。猫において、とある情報では90%以上が関節炎であると言われていますし、9月16-17日にイギリスで行われたCatWEEKEND2017のカンファレンスでも、冒頭の猫の関節炎に関する講演に注目が集まっていたようです。

院長の9月13日のTweetでも関節炎のことに触れられていました。

その他、糖尿病や腎臓病、がんなどの病気も増えてきます。人間より寿命が短い動物ですから、病気の進行度も早くなります。気づいたときにはもう遅いということもあるでしょう。

動物の高齢化はますます進むのでしょうか。ワンちゃん、猫ちゃんも家族ですから、病気など心配にもなりますよね。では、どういったことに注意すればよいでしょうか。先日の院長のtweetにはそのヒントが書かれていました。

そうなんですよね。やはり、予防医学が大事。まずは、身近にできることからでも良いと思います。当院でも歯磨きの重要性は繰り返し、話をしてきています。毎日歯磨きをすることで寿命が2年伸びると言われています。ときには歯石除去や歯周組織のクリーニングなども良いでしょう。
(ご参考:犬の歯科処置について

そして、定期検診が大事です。定期検診では、普段気がつかないことでも、わかることが多くあります。

何よりも普段から動物とふれあい、いつもと違うなと感じたら、すぐ動物病院で相談、診断してもらうことが大事です。異変に気づき、早く見つけてあげることが大切だと感じます。

毎日、随分と涼しくなってきました。季節の変わり目、特に注意していきたいですね。

三國先生が学会で発表をしました

総務スタッフです。先日の研修報告でも記載しましたが、当院の三國先生が平成29年度獣医学術関東・東京合同地区学会にて学会発表をしました。

「卵巣摘出術から14年後に子宮蓄膿症を発症した犬の1例」というテーマでの発表でした。

みなさんご存知かと思いますが、学会発表というのは当然のことながら未発表の「オリジナル」な内容でないといけません。今回、三國先生が発表した内容も、もちろんオリジナルで当院でも1954年に開業以来、60年以上の歴史の中で初めての症例からの研究発表でした。

発表の概要は

・犬の子宮蓄膿症は中高齢の未避妊の犬に比較的よく認められる疾患

・これはホルモン依存性の疾患であり、避妊手術によりその発生を予防することが可能。

・適切な卵巣摘出術が実施されれば術後に子宮内膜炎や子宮蓄膿症を発症する根拠はない。

・これまで報告されている避妊手術後の子宮蓄膿症は、異所性卵巣や手術失宜による卵巣の取り残しが原因

・本症例は幼犬時の避妊手術後から発情兆候は一切認められず、術中の腹腔鏡内観察でも、異所性卵巣や卵巣の取り残しは認められなかったが、高齢になってから子宮蓄膿症を発症

・高齢である場合、もしくは免疫が低下するような基礎疾患が存在する場合には、卵巣摘出後、卵巣遺残がなくても子宮蓄膿症を発症する可能性がある点に留意

・ただし、卵巣摘出術後に子宮蓄膿症を発症するケースはごく稀であり、藤井動物病院においても約60年間あまりの歲月でこの1件のみ

・今回の症例によって避妊手術の術式を子宮卵巣全摘出術に変えることを推奨するものではない

というものです。

先生の研究発表をみて、動物の高齢化というのは、今までにない病気の可能性もあり、やはり、知識や技術のアップデートというのは常に必要なものだと感じた次第です。

こういった研究や発表を今後も続け、日頃の診療に生かしていきたいと思います。

秋に気をつけなくてはならないこと

総務スタッフです。先日の肌寒さから一転、昨日(9月9日)は久しぶりに少し暑く感じました。気温を調べてみると最高気温が29℃。昨年の9月初旬は10日間連続で30℃以上でしたから、今年は随分と涼しいのかもしれません。

先日のブログで院長のTweetのことを冒頭に触れましたが、少し寒くなってくると椎間板ヘルニア、膝関節の十字靭帯断裂など筋肉、靭帯、関節の疾患が多くなると書かれていました。

その他の疾患、病気などについても院長のTweetを参考にしながら少しだけ書きたいと思います。

・犬猫の膀胱炎等の泌尿器疾患


「涼しくなると水を飲む量が減る」というのは、確かにそう思います。考えてみると暑いとこまめな水分補給を意識しますが、寒くなるとその意識は低くなりますよね。そして寒くてあまり動かなくなると、排尿を我慢したり、十分ではなかったりすることが考えられます。

膀胱炎が進行すると尿が白濁したりにおいがきつくなったり、慢性化して腎炎や尿路結石など他の疾患へとつながる恐れがあるので、十分な注意が必要だと感じます。

・気温差、寒暖差による風邪や体調不良

秋は1日の中での気温差(朝・夜が寒く、昼が暑い)や、日々の寒暖差が大きい季節で、かぜなどで体調を崩すことも多くなります。また夏バテの影響もありますよね。

秋は風邪や呼吸器系の病気が増える季節です。特に免疫力が弱まっている高齢犬は注意が必要かと思います。

・マダニ

夏に活発化するイメージがあるマダニですが、9月も引き続き注意が必要です。昨年2016年は10月まで発症が多かったという報告があります。(ご参考:国立感染症研究所

先日は、宮城県庁でマダニが媒介する感染症への注意を促す会見で、標本で持ち込まれた生きたマダニが逃げ出すということがありました。その件は、宮城県知事も陳謝していましたが、東北でもそういった注意喚起がされるぐらいです。

院長のTweetにもありますが、動物がダニ予防をしていれば蔓延しませんが、予防はまだまだ必要かと感じます。

・その他 アレルギー性皮膚炎、急性湿疹など
食物性のアレルギーは季節に関係なく発症しますが、秋は花粉やダニの死骸などがアレルゲンとなることがあります。人間と違って、スギ・ヒノキは少なく、ブタクサなどイネ科の植物が原因となることが多いです。

アレルギーの有無は検査ですぐわかりますので、診察時にご相談いただけると良いかと思います。

どちらにしても季節の変わり目、また寒さが厳しい冬に向けて、健康に留意する必要があります。秋の健診もありますので、ご利用ください。