藤井動物病院

藤井動物病院 公式ブログ - 動物看護師求人

ペットはますます家族になる。可能性が広がる動物看護師

こんにちは。総務スタッフです。最近、動物看護師希望の学生さんと話をする機会が多く、改めて考えさせられることがあります。

例えば、とある動物看護学科(4年生の大学)の学生さんは3〜4割が動物看護師になりますが、5割以上の学生さんは一般企業に勤めるという話がありました。

もちろん職業の選択は自由ですし、学んでいる過程で自分の向き・不向きも感じる学生さんもいらっしゃるでしょう。ただ、折角、獣医療について知識を高めることができる学科を選んだならば、それを生かして欲しいという思いがあります。

「犬を飼う人が減ってきている。猫は多少増えてきているが、小動物を飼う人は今後、少なくなるのではないか」とか「動物看護師は肉体的にも精神的にも厳しい職業」などと耳にすることがあります。

ペットの数で考えればそういう意見にもなりますが、小動物は高齢化しています。高齢化ということは寿命が伸びたことで、それだけワンちゃんやネコちゃんが家族として寄り添う時間が昔より長くなっているということが言えます。

そう考えていくと、動物の数は増えなくても、獣医療そのものはさらに必要になっていくことでしょう。それは、単に病気や怪我を治すということだけでなく、人間同様、緩和ケア・ホスピスなど苦しみを和らげること、穏やかな生活が求められるでしょう。また、犬種、猫種も昔より多岐に渡ります。求められる医療は多様になるということです。さらには、飼い主さんと一緒にいる時間が長くなるという意味では、飼い主さん(人)と動物の関係性においても精神的なフォローが必要になってくるでしょう。

それらには、今までの知識や経験だけでは成立しない世界であり、獣医療の将来性を感じます。また、動物看護師にとっても新たな道、新たな可能性があると感じられないでしょうか。動物看護師の存在感は今まで以上に高まることと想像しています。とてもやりがいが持てる仕事だと思います。

これは個人的な意見ですが、私はどの職業も厳しさは同じだと思っています。華やかに見える職業も、そう見えれば見えるほど、大変なものです。動物看護師だけが大変ということではありません。どの職業だって大変なのです。さらに言えば、仕事に真剣に向かい合えば合うほど、悩み、辛いものです。

大事なことは、自分が学んできたこと、これから経験していくことで、どれだけ喜んでもらえるか。それが自分のやりがいとなるのかです。ペットは家族。人と動物の関係は、今後、さらに深まることでしょう。人とワンちゃん、猫ちゃんなど、双方に喜んでもらえる仕事というのは、やりがいがあるものです。

ワンちゃん、猫ちゃんが喜ぶ姿。それをみて喜ぶ人の姿。自分が成長することで、それが間近に感じられる動物看護師という職業は、他に負けない素晴らしいものです。ぜひ、一緒にその世界を見ていきたいと思います。

動物看護師1日見学コース

7月8日(日)◎横浜の動物病院で働こう「動物看護師・トリマー対象」動物病院就職フェア2018

動物看護師実習をご希望の学生さんへ 1日見学の意味

動物看護師

総務スタッフです。今朝、大阪北部を震源とする地震がありました。関西のみなさま、大丈夫でしたでしょうか。余震などくれぐれもお気をつけください。

さて、今日は動物看護師をめざす学生さんに向けて、1日見学の意味を書きたいと思います。前々回のブログでも最後に少し触れたのですが、その補足をさせてください。

動物看護師をめざす学生さんから「動物看護師実習はないのですか?」「実習はどんなことをしますか?」と質問を受けることがあります。

当院は、まず、1日or 2日間の見学コースをおすすめしています。まず、見学コースと書いているのは、「まずはどんな病院なのか知りたい」「まだ実習までの心の準備ができていない」という学生さんも多くいるため、リラックスして当院に訪れて欲しいというのも1つの理由です。

次に、当院は、完全予約制で決められた時間の中で診察をしています。正確な診断・治療をするために問診、触診、聴診など徹底した診察を行っています。当たり前のように感じるかもしれませんが、当院の獣医師・動物看護師の集中力、その徹底ぶりを肌で感じて欲しいということがあります。

我々が実施しているのは、大切な動物の命を預かる医療です。その真の医療現場を見ていただくことで、動物看護師として働くということがどういうことなのか、改めてわかることも多いと思います。

と書くと、重苦しい雰囲気を感じるかもしれませんが、飼い主さんとの会話、獣医師との会話、クライアントリレーションメンバーとのやりとりなどのコミュニケーションなど、笑顔の中で交わされることも多くあります。その信頼関係がやりがいにもつながります。

当院は少数精鋭です。少数でこれだけの医療を施せるのは、理由があります。その理由を見学では、少しだけ感じとってもらえるはずです。目標が既に決まっている学生さんは、その目標に近づくために。また目標・目的がまだ決まっていない学生さんは、その目的を探求するために。ぜひ、一度、見学に足を運んでみてください。

動物看護師をめざす学生さん向け見学実習の申し込み

獣医師、動物看護師をめざす学生の皆様へ 実習について 

総務スタッフです。当院では獣医学生、動物看護生に向けて見学、実習を受け入れています。夏休みに向けて実習希望も増えてきていますので、改めて内容を整理してここに書きたいと思います。

◎獣医師をめざす獣医学生さん向けインターンシップ実習
https://fujii-vet.com/student/

・5日間実習コース(獣医学生5年生・6年生対象)
※1日見学or2日間見学コース後の申し込みとなります。

本実習の目的は、臨床を通じて獣医療に必要な「論理的思考」を学ぶことです。「論理的思考」その言葉自体は学生のみなさんも聞いたことがあるでしょう。しかしながら、その本質的な理解と実践できている人は、ほとんどいません。なぜなら、それらのことは毎日臨床を続け実践しても2〜3年かけて初めて身につくからです。厳しいことを言えば、それだけの期間をかけても簡単には身につかないものです。

論理的思考を習得できれば、どんな症例でも応用ができ、しっかりとした診断ができるようになります。また考え方が明確で他の人も理解しやすく、飼い主さんへの伝達力、動物看護師との連携などコミュニケーションも円滑になり、その結果、みなさんからの信頼も得ることができます。

今、書いていることがどういった意味なのか、なぜ獣医療においても論理的思考が大切なのか、本実習が終わる頃には理解できるはずです。

・1日見学or2日間見学コース

「実習に興味はあるけれど先に病院の雰囲気を知りたい」など皆さんのご要望から見学コースを用意しています。望まない実習は学生さん、病院、双方にとって良いことはありません。この見学を通じて、前向きな実習が行えるよう、そんな1日or2日となることを希望します。基本、5日間実習コースはこの1日or 2日間見学を実施してからの申込みとなります。まずは本見学をご選択ください。また、1−4年生もこの見学コースはご参加いただくことが可能です。

インターンシップの申し込みはこちらからお願いします。
https://fujii-vet.com/student/internship.html

◎動物看護師をめざす学生さん向け病院見学実習

動物看護師をめざすみなさんには1日or 2日間の見学コースを設けています。

普段の当院の1日を見ていただくことで、診察、検査、診断、治療までの診療の過程を学ぶことができます。また、動物看護師として何が必要なのか理解できる内容になっています。獣医師や先輩動物看護師への質疑応答の時間もありますので、より理解を深めることができます。

動物看護師希望の学生さんも多くこの見学コースに参加してもらっています。ぜひ、一度、当院へ足を運んでみてください。きっと身になることが多いはずです。よろしくお願いします。

動物看護師をめざす学生さん向け見学実習の申し込み
https://fujii-vet.com/student/nurse/nurse_tour.html

女性獣医師・動物看護師が活躍できる職場

藤井動物病院の獣医師と動物看護師

総務スタッフです。前回のブログでスタッフ紹介求人のページのリニューアルをお伝えしました。写真が大変好評です。改めて、藤井動物病院の獣医師、動物看護師スタッフの人柄が非常に良くでていると感じています。
※上の写真は総務スタッフがカメラマンの横で撮影したものです

さて、去る3月8日は国際女性デー(International Women’s Day)でした。米マクドナルドでは、この日を記念して一部で「M」のロゴを「W」に反転させたとか。(参照:日本経済新聞)。「女性の並外れた実績に敬意を示す」とこの1日のためにここまで準備することに驚きと感動を憶えました。

獣医業界でも女性が目覚ましい活躍をしています。Twitterをながめていると、米国では、1910年頃に女性獣医師が誕生したのではないかという表記もありました。国際女性デー_女性獣医師

また、アイルランドでは、外科獣医師として「Dr.Aleen Cust(アリーン・カスト)」さんの名前が出てきました。Wikipediaによれば、1922年に獣医師のロイヤルカレッジで最初に認められた女性の外科医になったとあります。

当院でも2人の女性獣医師、3人の動物看護師が活躍をしています。飼い主のみなさんからも大きな信頼を得ています。特に2名の獣医師は、それぞれキャリアが11年、8年で、内科診療はもちろんのこと、根治をめざした高度な外科手術の経験と技術を持ち合わせています。

以前、藤井院長からこんな話を訊きました。それは、今から約15年前、2004年に「アメリカの獣医師」と呼ばれているDr.Martt Becker(マーティー・ベッカー先生)にお目にかかり講演を拝聴したときの言葉です。

「もし皆さんが、女のお子さんをお持ちでしたら、獣医師を継がせなさい。女性は獣医師に向いている。今後ますます女性が活躍する仕事になるだろう。」

日本でも約1万人を超える女性獣医師がいます。ただ、満足のいく活躍ができているかどうかは、まだまだ疑問が残ります。そのような中、藤井動物病院には、女性獣医師の良き先輩がいます。動物看護師もそうです。

就職を考える学生さんは、ぜひ一度、病院に訪れてみてください。

獣医学生向け見学・インターンシップの申し込みはこちら

動物看護師向け見学の申し込みはこちら

(新卒)獣医師・動物看護師の求人情報はこちら

継続できる仕事環境を整える

総務スタッフです。今週は横浜も35度を超えるなど、突然、真夏がやってきたかのようです。飼い主の皆様もワンちゃん猫ちゃんも、熱中症にはくれぐれもご注意ください。

先日からの動物看護師、一般職の募集。毎日のようにお問い合わせや応募をいただいています。引き続き採用を続けます。人はご縁かと思います。はたらくみなさんにとっても、当院にとっても、良きご縁となるよう願っています。

獣医師も動物看護師も毎日、毎時間集中して診療やサポート業務に従事しています。医療ですから、気が抜ける時間はありません。非常に集中しています。

当院は予約制ですので、スケジュールは安定的ですが、それでも1日は、午前の診療に引き続き、午後からは検査や手術など集中しないといけない場面の連続です。

大事な動物の命を預かる仕事ですから、当然ではあるのですが、そのことに疲れてしまい、ともすれば燃え尽き症候群、継続できない仕事と捉えられることもあります。

当院では、このブログでも何度も書いてきていますが、水曜日・日曜日の休み(休めない場合は代休)や夜間診療は提携病院に任せ、出血や動物負担の少ない手術で泊まりをなくすなど働く環境を整えてきました。

今回の募集は、もちろん正社員としてフルに働くことができる方はもちろんですが、例えば週3日だけは働くことができるなど、フレシキブルな環境なら働くことができる動物看護師や一般職の方ともお会いしたいと考えています。

そういったみなさんと会い、ご縁があれば一緒に働いてもらうことで、みなさんや当院のスタッフに良い環境を、さらには獣医療に関わる全ての人がこの仕事を継続してもらえるよう、そういった思いでの採用活動です。ご関心のある方は、応募フォームからご連絡いただければと思います。よろしくお願いします。

動物看護師応募フォーム(正社員/アルバイト・パート)

※一般職の募集は終了いたしました。ありがとうございました。(2017年8月29日追記)

ブログ 過去ブログ