藤井動物病院

藤井動物病院 公式ブログ - 犬の耳鼻科

犬の慢性外耳炎について

外耳炎は、犬にとってとてもストレスのかかる疾患です。気の優しい犬でも、毎回の治療の痛みや、外耳炎の痛み・痒みから、咬みつくようになる子もいます。できるだけ早く治して、痛みや痒みの無い生活に戻してあげることが大切です。

外耳炎の原因の確実な診断と治療で再発を防止し、すでに慢性化して再発を繰り返すような子には適切な処置(外科処置を含む)をしてQOLを向上させてあげましょう。生涯苦痛を背負ったまま生活をすることは、犬にとってかなりの重圧です。

外耳炎の症状は、頭を振る、耳を掻く、耳を触ると痛がる、耳から悪臭がするなど様々ですが、外耳炎が進むと鼓膜などにも影響を及ぼし、中耳、内耳などに影響する可能性もあります。

犬の慢性外耳炎の原因は、アトピー性皮膚炎や食物アレルギーが始まりのことが多いです。コッカスパニールのように先天的に特殊な外耳炎をもって生まれる子もいますが、早い段階での処置で苦痛を和らげることが可能です。

外耳炎の他の原因として挙げられるのは、耳疥癬(耳ダニ)の感染、異物(虫、草の実、綿棒などの人工物など)よるもの、ポリープなどの腫瘍によるもの、耳にある分泌腺である耳垢腺に異常によるもの、ホルモン異常などによるもの、免疫の疾患によるものなど様々です。

健康な耳では自然に健康な状態を保たれますが、湿度の上昇や、耳の中の異常な毛などにより、どこにでもいる菌の繁殖を起こしたり、さらに飼主さんの間違った手入れにより悪化することもあります。そういったことが重なると外耳炎を発症して、さらに悪いケースでは慢性化してしまうことがあります。

診察

まずは耳鏡を使って内部の状態を観察します。感染の可能性がある場合は耳垢を採取して、細菌の培養検査をします。同時に耳垢の直接塗抹標本を作り、どんな菌が感染している可能性があるかを診ます。これらにより有効な抗菌剤や抗炎症剤などの治療薬を見極めていきます。この時点でポリープなどが見つかった場合は、一部分を細胞診や病理生検として採取し検査をします。

オトスコープ

慢性化しているセカンドオピニオンの症例では、オトスコープという内視鏡を使用し、麻酔下で耳の中を鼓膜まで丁寧に洗浄し観察します。泥の様な耳垢が残ったままでは、いくら点耳薬を垂らしても効果はありません。そのため、この検査で耳の中の異物(耳垢、耳毛、異物、炎症産物など)を取り除き、きれいにしながら原因を特定していきます。多くの慢性外耳炎は、この処置後の点耳薬の治療で良くなることが多いですが、耳道があまりにも狭くなってしまっていたり、ふさがっていたりする場合には外科的な処置をしないといけません。

オトスコープ自体

オトスコープ自体


オトスコープ耳の中

オトスコープ耳の中


オトスコープ処置中

オトスコープ処置中

CT検査

耳の穴は外耳道から中耳、内耳とつながっています。これらすべての場所の状況を把握するにはCT検査が必要です。当院では頭だけをCTで取り、耳の奥に異常がないかを検査します。麻酔下ですので、重症な子の場合はオトスコープを併用しながら診断していきます。

CT鼓室胞(内耳まで病変が進んでいる耳)

CT鼓室胞(内耳まで病変が進んでいる耳)

外科処置

外科処置には外側耳道切除、垂直耳道切除、全耳道切除及び鼓室胞骨切り術があります。

外側耳道切除:この手術は、簡単に言うと耳の垂直の穴の部分を横に切り開いてしまう手術です。アレルギーなどから来る痒みは変わらないですが、垂直になっている部分が解放されることで、耳内の廃液や湿度などの環境改善がされます。そのため炎症のコントロールが楽になり、外耳炎による犬の苦痛をかなり減らすことができます。

 

垂直耳道切除:この手術は垂直耳道全体に問題があり、慢性炎症で垂直耳道の軟骨が石灰化して、内科的に一切反応しなくなった耳に行います。コッカスパニールはこの手術を実施することが多いです。

垂直耳道切除術前

垂直耳道切除術前

垂直耳道切除術後

垂直耳道切除術後

 

全耳道切除及び鼓室胞骨切り術:内科的に治療できない慢性の外耳炎、さらに中耳炎を併発している症例では、耳の垂直、水平耳道をすべて除去し、中耳の鼓室に穴を開けて中耳の廃液を促し感染を除去します。

外科手術をすることは最終手段ではありますが、長い年月患って生きていくことを考えると適切な手段となる症例も多いです。ぜひ一度ご相談ください。

犬のめまい 前庭疾患

総務スタッフです。2018年も1週間がすぎました。七草粥も終え、日常が少しずつ戻ってきているように感じます。

以前、「犬の耳の病気 外耳炎などに注意する」というブログを書きました。良くご覧いただいたようで、皆様のご関心が高く感じられました。

その耳に関連した話で、今回は「犬のめまい」について少し書きたいと思います。このことを書こうと思ったのは、先の犬の耳の病気についての話の反響もありますが、それ以外に1つ理由があります。

個人的な話で申し訳ありませんが、私は休暇中に突然めまいが始まり、その症状が断続的に続き悩まされたことがあります。前日まで全く症状はなく、あまりにも突然で驚きました。診察、MRIなどの検査の結果、「良性突発性頭位めまい症」と診断されました。今回、この病気の詳細は書きませんが、この病気の原因の一つは耳の耳石や三半規管に関係するものでした。

その時に、「犬のめまい」のことも考えました。人間の突発性のめまいも辛いものですが、犬もまた辛いだろうと感じ、書いてみたいと思いました。

愛犬の体がふらついたり、よろよろしたり、首を一方へ傾けるような姿勢のままだったりすることはありませんか。それは、もしかしたら前庭疾患の症状かもしれません。

私たちが三半規管によって身体の正確な位置情報を伝えてバランスをとっているように、犬もまた三半規管によって身体や頭の正しい位置情報を脳に伝達して体の平衡感覚を保っています。

先日のブログにも上げた耳の図です(図が下手ですいません)。犬の耳の奥には、「内耳」があります。内耳はカタツムリのような形をした蝸牛(かぎゅう)と焼き菓子のプレッツェルのような形をした三半規管が骨の中におさまっています。

犬の耳の構造

三半規管には、前庭神経がつながっています。前庭神経は、平衡感覚をつかさどる神経で、異常が起きるとワンちゃんはバランスが保てなくなります。

前庭疾患により、平衡感覚を損なうことで起こるめまいやふらつき、また、まっすぐ歩けなくなる、嘔吐や首が片方に傾き、ねじれて見える捻転斜頸や、眼球が回る眼振の症状が出てきます。

この症状は、突発的に起こることも多く「突発性前庭疾患」(特発性前庭疾患)、特に中・高齢犬(シニア犬)はこの疾患を起こしやすいと言われています。

前庭疾患は主に、外耳炎、中耳炎、内耳炎や耳の中の腫瘍などが原因で内耳での炎症が、前庭神経に波及することで発症しますが、原因は様々です。病気の特定には、診察や検査で、急性内耳炎や、脳や耳の他の疾患、前庭疾患の症状以外の神経症状を除外するなどが必要です。

院長によれば、この特発性前庭疾患は、昔、外飼いが多かった時代は冬によく起こる病気だったようです。寒くて、神経系の血行障害やストレスが原因だったようですが、現在は温度管理ができた環境下で飼っているケースが多いので、寒いからこの病気になるということは少なくなっていると言います。ただ寿命が延びた分、様々な犬種にどの季節でも起こりうる疾患だと話がありました。

繰り返しになりますが、平衡感覚、バランスを失っためまいは大変つらいものです。愛犬に気になる症状がある方、ご心配な方は当院の獣医師にご相談いただきたいと思います。

ブログ 過去ブログ