藤井動物病院

藤井動物病院 公式ブログ

犬の耳の病気 外耳炎などに注意する

総務スタッフです。先日、獣医師の先生方から「(犬の)耳の病気で困っている人は多い」との話を聞きました。確かに耳の病気で来院するワンちゃんが増えているように感じます。

みなさんご存知かと思いますが、犬の耳は人間の耳と違い、まっすぐではありません。私が描いた絵図でわかりにくいかもしれませんが、犬の耳は複雑で、奥の鼓膜まで見えにくい状況です。

犬の耳の構造

また、普段の耳のケア、観察だけではわからないことも多いようですが、例えば「耳を強く振る」「耳を何度も掻く」「耳がにおう」「耳だれが出る」などの症状がある場合は、獣医師へご相談ください。耳道内の感染、耳ダニなどの外部寄生虫、アレルギーなど様々な要因が考えられます。早期の診察、検査が重要です。

犬に最も多い耳の病気は外耳炎ですが、犬の外耳炎は慢性化することが多い病気です。内科治療だけでは完治しないケースも多いようです。当院では外科手術を施すことで良くなった症例も多くあります。長年の内科治療で良くならず、セカンドオピニオンとして来院される飼い主さんもいらっしゃいます。お悩みがある方は、内科、外科問わず、ご相談いただければと思います。

何よりも普段から耳に対して気にかけてあげることが大切かと思います。耳の洗浄も必要ですが、綿棒でのケアは刺激となりかえって耳の炎症を強くしてしまうこともあって、お勧めできません。また、マラセチアというイースト菌を増やす原因ともなります。耳の洗浄液で定期的な洗浄をお勧めします。

今まで耳に対してあまり気にしていなかった飼い主さんも、一度、じっくり観察をしてみてはいかがでしょうか。少しでも気になったことがあれば獣医師にご相談ください。

ブログ 過去ブログ