藤井動物病院

再生医療について

再生医療の主な治療法

細胞 再生医療とは、動物の身体の組織や臓器の基となる細胞(幹細胞)を取り出して、体外で培養して増やし、そしてその増えた細胞をまた身体に戻すことによって、病気やケガの治療に応用することです。犬、猫のその個体自身から採取した細胞を体外で増殖させ、後に同個体に再移植することで正常な機能を取り戻す治療が基本になります。

幹細胞療法では、2種類の幹細胞を利用します。ひとつは骨髄に含まれる骨髄液中に存在する骨髄幹(こつずいかん)細胞、もうひとつは皮下脂肪の中に含まれる脂肪幹(しぼうかん)細胞です。

骨髄や皮下脂肪由来の幹細胞は、骨や、軟骨、筋肉や心筋細胞、そして血管を形作る細胞に分化することが知られています。幹細胞療法は、これらの分化する能力を利用することで、自分の細胞から必要な器官や臓器を「再生」させる治療法なのです。

骨髄・脂肪由来の幹細胞が分化する臓器

どのような病気に効果を発揮できる可能性があるのか?

幹細胞は、骨折癒合不全や脊髄損傷、また炎症性の関節炎で治療の研究が進められています。骨折癒合不全では、幹細胞が骨の周囲にある骨膜(こつまく)や、骨細胞、また栄養を運ぶ血管に分化することで骨折部位を修復していくと考えられています。また、脊髄損傷では、幹細胞が血管へと分化し、損傷部位の血流を回復することで、神経細胞の伸長を補助したり、脊髄全体の再形成を促すと考えられています。関節炎では、幹細胞は関節に新たな軟骨や骨膜を形成させ、痛みを和らげたり、炎症を回復させると考えられています。

幹細胞免疫療法の種類

骨髄幹細胞療法(MSC療法)
イヌまたはネコの骨髄液を採取し、幹細胞だけを特殊な容器で前培養します。その後、本培養をして、細胞の数を増やしてから、細胞を集め、洗浄して、患部への直接の注射や、点滴によって体内に投与します。骨髄液は大型犬では局所麻酔で、小型犬、猫では全身麻酔が必要な事が多いです。 骨髄幹細胞療法(MSC療法)
脂肪幹細胞療法(ADSC療法)
脂肪幹細胞は皮下脂肪に存在しています。イヌまたはネコの脂肪組織を少しだけ採取し、特殊な酵素液で分解して幹細胞を単離、特殊な容器で細胞を前培養します。その後、本培養をして、細胞の数を増やしてから、細胞を集め、洗浄して、患部への直接の注射や点滴によって体内に投与します。脂肪組織は局所麻酔や全身麻酔でパチンコ玉ぐらいの量を採取します。 脂肪幹細胞療法(ADSC療法)