藤井動物病院

当院の方針とご案内

当院の方針

私たちの大切な動物たちの健やかで安定した生活を確保するため、またその飼主様そして私たちの快適で癒しに満ちた動物たちとの生活を守るために、私たち藤井動物病院のチームスタッフはもっとも高いレベルの獣医学を学び、最新の技術を習得し、これらを実践する充実した設備を整えるために日々研鑽努力してまいります。

院長あいさつ

我が信条

    藤井院長先代の院長、藤井勇が1954年に開業以来、当院は、大切な動物たちの健やかで安定した生活を確保するため、最先端の医療を目指してきました。初代院長の獣医療に対する探究心は1960年代当時としては大変珍しかった海外研修を行ったことにあります。獣医療先進国のアメリカ、ニューヨーク市のアニマルメディカルセンターでの海外研修で学んだ知識をもとに、後のフィラリアの感染症の病態の一つであります「後大静脈塞栓症の発見」と手術手技の発明である「頸静脈吊り出し方」を考案し、今では世界標準の手術になっております。

    この海外研修はその後も続けられ、現在も当院の獣医師と動物看護師に引き継がれております。同時にその研修から得られた知識や毎日の診療の経験から毎年の学会発表を繰り返し、これまでに100近くの学会発表を行ってきました。2013年には犬の膝の手術が、獣医界で最も権威のあるアメリカの外科専門医の雑誌に掲載され新たな手術方法の開発が認められました。

    これらは個人が勉強をするだけでは成し得るものではなく、60年という長い歴史によって培われ、生み出されてきた技術、かつ最先端の技術です。現在、知識は簡単に手に入れることができる時代ですが、技術は受け継がれ、さらに進化され、日々の鍛錬によってしか得ることができないものです。それは、ただ長く仕事をしているからといって、得ることができるものではありません。獣医師、動物看護師が日頃、当院独自の技術を習得し、さらに最先端の学術を得て経験し実践し続けてこそ初めて成り立つものなのです。

    当院は既に100名以上の研修医が勉強をして開業していきました。ただ、過去に当院で勉強した先生方と、今の先生方では、学ぶことが違います。たった5年前,10年前でもその差があります。当院の信念は変わらずとも、技術やノウハウには大きな差があるのです。60年間、培った歴史・技術を生かすには、その歴史に甘んじず、常に進歩し続けないといけません。

    進歩し続けると言うことは、日々自らが進化していくことです。仮にそれが当院にとって不利益な事であっても、進化のために我々は歩みを止めることなく、挑戦し続けます。それはやってみないと次のステージに進めないからです。

    この進化は医療技術や設備だけではありません。当院が考える進化とは、訪れる飼い主様、そしてその動物たちの快適で癒しに満ちた生活を守るために、同時により良い獣医界になるために、そこで働く獣医師、動物看護師、そして受付や事務職に至るまで、働きやすい環境と生活を提供し続けることです。今までもそれを意識し実行してきましたし、これからもさらに進歩、進化できるよう努めて参る所存です。どうかよろしくお願いいたします。

アメリカ研修時代の話(院長の20年前)

院長の藤井康一は、26歳で渡米し、3年間、ペンシルバニア大学の獣医学校に留学しました。そこで「何を考え、何を学んできたのか?」「そこで得たものとは?」など、実はアメリカ留学での出来事が、現在の藤井動物病院のフィロソフィーの根源となっています。院長に20年前のことを思い出してもらい、まとめてみました。

安全・安心医療を目指して