藤井動物病院

犬の健康のために

ワクチン

狂犬病ワクチン

日本では狂犬病予防ワクチン接種が法律で義務づけられています。

生後91日以上であれば飼い始めて30日以内に1回、その後は毎年1回注射を受ける必要があります。 日本には狂犬病がないから接種の必要がないと思われる方もいるかもしれませんが、実は、海外では発生国の方が多数となっています。日本以外で農林水産大臣が指定している狂犬病の清浄国・地域は、2013年7月現在、6地域が指定されています。アイスランド、オーストラリア、ニュージーランド、フィジー諸島、ハワイ、グアムと世界でもほんの一部分です。ですから、いつ入ってくるか分からない状態です。人も犬も一度発病すれば100%死亡します。必ず狂犬病の予防接種を受けましょう。

混合ワクチン

事前に伝染病予防しましょう!

混合ワクチンは飼主さんの任意で接種を行うものですが、この混合ワクチンで予防できる伝染病の中には死亡率の高い恐ろしい病気もありますので、事前にワクチンの接種をして、病気への免疫力をつけることが重要です。

当院では5種・6種・8種のワクチンを接種することが可能です。料金はすべて同じです。ライフスタイルに合わせて、接種してください。

ワクチン接種で予防できる伝染病
犬ジステンパー 発熱・下痢・神経症状等、死亡率も高く怖い病気です。
犬アデノウイルス2型感染症 肺炎や扁桃炎などの呼吸器症状を起こします。
犬伝染性肝炎 肝炎を主とし、嘔吐や下痢等の症状をおこします。子犬では突然死することもある怖い病気です。
犬パラインフルエンザ 咳や鼻水、扁桃炎を起こします。ケンネルコフと呼ばれる犬の風邪の症候群を引き起こします。
犬パルボウイルス感染症 血混じりの酷い下痢や嘔吐をおこす腸炎型や、子犬に突然死をもたらす心筋型があります。伝染性が強く、死亡率も高い怖い病気です。
犬コロナウイルス感染症 腸炎を主として、下痢や嘔吐を起こします。パルボウイルスと混合感染すると重篤な症状を引き起こすので、パルボウイルスと一緒に予防する事が重要です。
犬レプトスピラ病(黄疸出血型) 人にも感染するこわい伝染病です。出血型は歯ぐきの出血や黄疸、カニコーラ型は高熱・嘔吐・下痢を引き起こします。ネズミの尿を介する伝染病のため、野山によく行かれるワンちゃんには特に予防が必要です。
犬レプトスピラ病(カニコーラ型)