藤井動物病院

犬の健康のために

フィラリア症

犬フィラリア症とは

犬フィラリア症は予防できる病気です

フィラリアは蚊が媒介するワンちゃんの代表的な寄生虫です。フィラリアが肺動脈や心臓に寄生することにより症状があらわれます。フィラリアを放置していると心臓に多数のフィラリアが寄生し、血液の流れが妨げられ循環不全となって死に至る場合もあります。犬フィラリア症は毎月1回のフィラリア薬の内服でほぼ100%予防できる病気です。

お薬を飲ませる期間

フィラリアのお薬を飲ませる期間は蚊の出現時期に合わせて行います。

フィラリアのお薬は体に入ってきたフィラリアを駆除するためのお薬です。フィラリアのお薬を飲む期間は、蚊が出現した時期の1ヶ月後から蚊がいなくなる時期の1ヶ月後までの間、月に1回投薬することでフィラリアの幼虫を駆除します。横浜市では最低限、5月から12月まで予防することを推奨しています。 ただし、次の項目でもご説明しておりますが、フィラリア薬には寄生虫に効果があるものもありますので、フィラリア予防と一緒に消化管の寄生虫を予防する目的で、当院では「通年予防」を推奨しております。

フィラリア薬は寄生虫にも効果があるものがあります。

フィラリアの予防薬の中には鞭虫や回虫、鉤虫といった寄生虫の駆除にも効果のあるものがあります。効果の範囲はフィラリア薬の種類により異なりますので、薬の選択は獣医師にご相談下さい。