藤井動物病院

診察・検査・治療

検査

問診・触診・聴診で診察をし、それらの結果を元にどのような病気か考えた上で、検査に入ります。

当院の検査方針

当院は「必要な検査しかしないこと」につとめています。治療のための診断をするために、何が本当の問題なのか、そのターゲットを絞り込み、病気の確定、見極めていくための検査なのです。人間の場合でも、大きな病院に行くと、医師の診察前にとりあえず血液、尿、レントゲンなど先に検査に回される時があります。これはおかしいと思いませんか?動物も同じです。「元気がないから、とりあえず検査しましょう」。それはありえないのです。診察の上、客観データを踏まえ、病気を想定した上で検査をしなければ、本当の診断はつけられないと考えます。

主な検査項目

検査には主に「血液検査」「レントゲン検査」「超音波検査」「細胞診検査」さらに詳細を知るために「内視鏡検査(胃カメラ、直腸鏡)」、「CT検査(画像検査)」、「病理検査」など、があります。

血液検査

検査室
検査室

(血液検査、尿検査、糞便検査など、様々な検査を行うところです。 顕微鏡2台、遠心分離機、血液生化学検査機、血液検査機などがあります)

貧血、栄養度合い、肝機能、腎機能、炎症反応、ホルモン異常、血糖値など様々なことをチェックします。類症鑑別を判断する意味でも重要な検査です。

レントゲン検査

X線室
X線室

レントゲンの撮影機や最新のCR装置があります。ここでは日々の診察における単純レントゲン検査のほかに、OFAやPenn Hip検査などの特殊なレントゲン検査も行っております。

骨の異常、体の中のしこりや異物、臓器の大きさ、肺の状態、心臓の状態など知ることができます。

当院では最新型のデジタルX線画像診断システム装置を導入しています。
これにより、従来より確実な撮影が行え、操作により美しい画像を作成することが可能です。

超音波検査

心臓のエコーでは心臓機能を、腹部の超音波では腹部のしこり、形態的異常を知ることができます。

超音波を利用して断層画像を抽出し、体内(心臓、肝臓、腎臓、副腎、脾臓、膀胱、前立腺、子宮など、様々な臓器)の情報を得ます。動物に痛みを感じさせずに検査を行うことが出来ます。
当院にはエコーが2台あり、1台はカラードップラーやパルスドップラーが可能です。

細胞診検査

※ 肥満細胞種という腫瘍の細胞診の写真
※ 肥満細胞種という腫瘍の細胞診の写真

体にできたしこりの正体を知ることができます。さらに検査が必要な場合、病理検査をします。

内視鏡検査

慢性経過の嘔吐や下痢では、内視鏡検査が必要になります。内視鏡検査を行うことで、粘膜表面の状態を直接観察することができ、さらに胃腸粘膜の生検を行って病理組織検査に提出することが可能となります。また、異物の形状にもよりますが、胃内異物の摘出も可能です。さらに細いサイズの気管支用スコープを使用することで、気管支の中を観察することも出来ます。内視鏡用のスコープは見る場所と動物サイズから4サイズを揃えております。

硬性鏡検査(腹腔鏡、関節鏡など)

関節鏡と器具
関節鏡と器具
腹腔鏡と器具
腹腔鏡と器具

胃カメラなどと違い、まっすぐな曲がらないファイバースコープを利用して、全身麻酔下でお腹の中、鼻の中、膀胱の中、膣の中、関節の中などの直接画像を見ることができます。

腹腔鏡では、お腹の中をガスで充満させて、臓器をより見やすくして、直接の画像として観察します。そこで見つかった異常などに対し、肝臓、腎臓などの臓器の生検、そして腫瘍などの生検を行い診断に役立てます。

Cアーム

Cアーム

手術中にエックス線による画像を見たいときに使用します。整形外科の手術時に、骨とインプラントの位置関係を知る時や血管造影検査をしながら臓器と血管の位置関係や状態を知る時に用います。

CT検査(画像診断)

小動物診断用3DマイクロCT Rigaku R-mCT AX
小動物診断用3DマイクロCT
Rigaku R-mCT AX

当院ではこの度、小動物用のCT検査機器を導入しました。CTとはコンピューター断層撮影法(Computed Tomography)の略です。体にエックス線という放射線を照射し、コンピューター処理によって体の内部を輪切り(横断面)や縦切り(縦断像)を画像化する検査です。エックス線は骨や歯など硬い部分は透過しにくく画像では白く見え、肺などの空気を多く含んだ臓器は透過しやすいため黒く見えます。

CT撮影中の様子
CT撮影中の様子

現在動物病院で使用されているCT検査機器は殆どが人間用の大型のものです。当院では寿命の短い動物が被曝線量の多い大型機器で検査されることで、それによる発がん率の上昇を懸念し、今までCT検査機器の導入を見合わせていました。そして最低限の検査で動物達に安全安心医療を提供できてきたと自負しております。しかしながら、この度動物用の小型のCT検査機器の発売を機に、導入することになりました。

この器械はこれまでの人用の大型CTの副作用でもある散乱放射線の低減とそれによる被爆を押させることができる様になり、より安全な機械であります。日本の動物病院ではまだ数台しか導入されていませんが、当院の方針である安全安心医療に合致した器械であることから、今回の導入にいたりました。また、人間と違い、動物ではCT検査を行うのにも全身麻酔が必要となりますが、動物用CTを使用することで、短時間での撮影が可能となり(1回の撮影は最短18秒)短い麻酔時間での検査が可能です。

CT検査では、骨が複雑に入り組んだ鼻の中の構造の精査や、単純なレントゲン検査では把握できない腫瘍の肺への微小な転移病巣発見、腹腔内腫瘍の臓器への癒着の有無の検査、複雑な骨折部位の3次元的な把握、椎間板ヘルニアの責任病変の特定などをすることができる様になります。

当院が力を入れていること。検査に必要な獣医師の力量。

検査は診断をしていく上での武器です。的確な診断なくして、治療はありません。ただ、ここで間違ってはいけないのが、単にレントゲン検査をした、CT検査をしただけで結果が出るわけではないのです。例えば野球やゴルフで言えば、プロと同じ道具を持っていれば、そしてそれを使用すれば、プロと同じようなプレイやスコアが出せるのでしょうか?そうではないですね。これは診療も全く同じです。レントゲンも超音波も診れる人が操作して診ないと何にもならないのです。検査を行っただけで結果が出るわけではありません。

当院では、最先端の検査機器、レントゲン、超音波、CT、内視鏡、血液検査機器、炎症反応、凝固系検査機器など、沢山の機器をそろえているのと同時に、それぞれの機器を扱う獣医師に最大限の教育をしています。学会や講習会などに参加すると共に、スペシャリストを月に数日病院に招聘することで、その技術と能力を常に最先端に保つ様にしています。

まず診断までの考え方を習得し、そしてその武器である診断機器を最高の技術で扱って診断まで持っていきます。これで治療は決まりますので、ここまでをしっかり訓練することがまず大切であり、病院としての要です。決して、器械が沢山あるという事が大切なのではないのです。