藤井動物病院

診察・検査・治療

当院の診察・検査・治療の事例

ここで、実際にあった当病院での症例を紹介します。

例1

A. 飼い主さんからの情報(主訴)
10歳の雄犬、去勢済みの子が、2ヶ月前から血尿と頻尿がある。他院にて膀胱炎と診断され抗生物質は2ヶ月間ずっと飲んでいる。
B. 診察(問診・触診・聴診)
問診、触診(直腸検査含む)、聴診で、異常は認められなかった。膀胱の中には少しの尿が貯留。
C.主訴+診察から考えられること
去勢雄である事、血尿、頻尿以外の異常なし。ここから類症鑑別として、膀胱炎、膀胱結石、膀胱ポリープ、膀胱腫瘍、腎盂腎炎、腎臓結石、腎臓腫瘍、腎障害、尿管結石、尿管の異常、尿管の腫瘍、前立腺腫瘍、前立腺炎、尿路結石、尿道炎 陰茎腫瘍、包皮からの出血などが考えられる。
D.類症鑑別
これらをどの検査で鑑別していくかを決める。
「腹部レントゲン検査」
結石は多くの場合レントゲンに写るので、この検査で診断が付く可能性が大きい。また臓器の変性性変化の石灰沈着、萎縮などもわかる。
「腹部超音波検査」
膀胱、腎臓、前立腺の変化や腫瘍、臓器の形態的変化が分かる可能性が大きい。
「尿検査」(尿の沈渣の検査で細胞診検査)
膀胱を針で刺して尿を取って尿自体の検査、さらに遠心分離器で細胞やゴミを集めて、顕微鏡で見る。細菌がいないか、腫瘍細胞はないか、さらに尿を培養検査に出す事で、細菌の種類、効く抗生物質が分かる。
「血液の腎機能検査」
腎機能がどうか?そして炎症反応を見ることで炎症はどうかを見ます。

上記の疾患をこれらの検査で区別可能になってきます。それよりも深い検査は、これで分類の出来ないときにします。例えば尿路造影、CT検査、組織生検などです。

E.結果

レントゲンと超音波検査で、膀胱に腫瘤、膀胱結石、尿道結石の問題がありました。膀胱には、細菌はいませんでしたので、治療の最善策は手術をすることで、これらを摘出し、腫瘤を切除し、病理検査に出して結果をみることになりました。

膀胱内に結石が写っている。
膀胱内に結石が写っている。
超音波検査像、膀胱内に腫瘤と結石様物が写っている。
超音波検査像、膀胱内に腫瘤と結石様物が写っている。

手術により摘出としこりの切除を行う。腫瘤は病理診断検査を行った。

結果:結石はシュウ酸カルシウム結石、腫瘤は炎症性ポリープでしたので、結石の再発がない限りこれで治療は終わりとなります。この症例の場合、当院では、手術適用と判断するまでに1時間、そして手術の計画をして、数日後に手術、2週間後に抜糸でしました。当院に来院されるまで、飼い主さんは2ヶ月間という長い時間、血尿で薬を飲ませていたことを考えると、いかに検査までの過程が重要か理解できます。

例2

A. 飼い主さんからの情報(主訴)
1歳のメス、未避妊、体重17kg、後ろ足の使い方が悪いという事で、他院を受診。その病院のレントゲン検査では異常なしとのこと、しかし後ろ足の状態は変わらなかったので、当院を受診。
B. 診察(問診・触診・聴診)
触診の結果、両方の後ろ足の股関節の痛みがあることがわかる。
C.主訴+診察から考えられること
既に他院でレントゲンを撮っていて異常がないこと、触診で股関節に痛みを伴うこと、神経系の異常はないことを踏まえて、もう一度、股関節のレントゲンを撮らせてもらい、異常がなければPennHip@検査(認定医による検査)という特殊な撮影法をする事を提案。
D.診断を確定させるための検査

股関節のレントゲンを撮る。このレントゲン像では股関節に異常はない。

股関節のレントゲン
PennHip@検査により股関節の緩みが大きいための疼痛と診断

PennHip@検査により股関節の緩みが大きいための疼痛と診断

E.結果
股関節に問題があり、股関節異形成症と診断し、鎮痛剤とグルコサミンのサプリメントを処方。これは先天的な疾患であるので、完治はしないが、将来的な体重コントロールと運動の仕方などを注意して生活してもらう。