藤井動物病院

診察・検査・治療

「診察・検査・治療」の概念

SOAP概念図

当院での診察・検査・診断・治療までの概念はこの図のとおりです。飼い主さんの情報(主訴)をもとに、診察、検査をし、診断をつけた上で、治療に入ります。

治療までの思考プロセス「SOAP」

SOAPは問題指向(型)医療のシステム、(POMR: Problem Oriented Medical Record又はPOS: Problem Oriented System)の考え方、そのプロセスです。診察、検査を経て診断、治療に至るまで大変、有益な方法です。この方法ではまず問題点を列挙し、それぞれの問題について記録内容を以下の4項目に分類します。

  • S (Subject):主観的データ。飼い主さんの訴え、病歴、患畜の様子など。
  • O (Object):客観的データ。診察所見、検査所見など。
  • A (Assessment):上2つの情報の評価。
  • P (Plan):上3つをもとにした診断プランや治療方針。

S、Oで見つけた問題を列挙した一覧をProblem Listと言いそれを元にAで考えられる類症鑑別(Differential Diagnosis)を挙げていきます。それら類症鑑別(※)で挙がった病気を区別していくための方法をPで挙げていきます。このPには、診断に必要な検査、さらなる治療も含まれます。この周期を回す事により正確な診断ができます。

(※)類症鑑別とは?

SとOから問題点を挙げたときに、その問題点からAの評価の段階で、推測される類症鑑別を出さないといけません。類症鑑別を挙げていくプロセスは大変です。それは、取りこぼしがあってはいけないからです。その手法の一つに、DAMN IT(こんちくしょうと言う意味の言葉)を参考にして検出する仕方があります。この頭文字から以下の様な状況を考えて類症鑑別を出していくのです。 D:Degenerative(変性性) A:Anomalous(奇形性、先天性) M:Malfunction (機能不全)Metabolic(代謝性) N:Neurologic (神経性)Neoplastic(腫瘍) I:Inflammatory(炎症性) Infectious(感染性) T:Traumatic(外傷性) 一つ一つ問題点とこのDAMN ITを合わせて考えて、出した類症鑑別のリストから次の段階であるPのプランをつくっていきます。