藤井動物病院

検診

犬の検診EXAMINATION OF THE DOG

8歳までの定期検診対象 : 3歳~8歳ぐらいまでの犬

この年齢は、人間に照らし合わせるとおおむね40代~50代です。この時期の疾患は、代謝異常など、生活習慣で起こる病気が多く起こります。肝機能、腎機能、心機能、泌尿器機能などを検査によって観察することで、病気になる前にそれを防ぐ事が可能になります。勿論ならないことが大切ですが、小型犬では、8歳くらいから様々な病気のリスクが増加してきます。例えば、胆嚢炎や膵炎などの疾患は近年増加傾向にあり、血液検査や超音波検査を行う事で早期の発見が可能です。実際にはその兆候は3~4歳で出ている事が多いのです。早くから知っていれば病気にならずにすみます。

この検診を受診すると良い理由

生活習慣やホルモンバランスなど、代謝異常の傾向が見つかることが多くなります。将来的に、病気になりそうな状況が把握できるので、その後の生活で修正したり、治療することで、将来の重病を防ぐ事ができます。

検査項目

全身の身体検査、血液検査、内分泌検査、尿検査、便検査、レントゲン検査、超音波検査、CT検査(頭部およびデンタル)、眼圧、血圧、体脂肪率など。

この検診で何がわかるのか?

全身の身体検査 頭の先から尻尾の先まで、これまでに生活していて起こった変化を見つけます。歯の異常、皮膚のしこり、毛並み、乳腺のしこり、睾丸の異常、腹部臓器の腫瘍などを見つけます。また、聴診により心臓の異常や呼吸器の異常もここで検出します。
血液検査 糖尿病、高脂血症、貧血、肝機能、腎機能、その他の異常で病気の状況を見つけ出します。
尿検査 腎機能や膀胱の異常を見つけます。
便検査 寄生虫や特殊な細菌などを検出します
レントゲン検査 心不全は早い子では4、5歳で発症します。特にキャバリア、マルチーズなど心不全の起こりやすい犬種は、この検査で見つける事ができます。また、大型犬で多い腹腔内の腫瘍は、やはり早い子で4、5歳で見つかります。
超音波検査 腹部臓器をさらに詳しく、形態的に異常がないかを見る事ができます。肝臓の大きさや形、腎臓の大きさや形等です。勿論、腫瘍自体の発見や、それに伴うリンパ節の腫脹や炎症等を見つけることができます。
心臓エコー検査 心不全の状態やステージを把握して、個々の症例にあった治療のために検査をします。
CT検査 レントゲン検査の3次元検査ですので、通常のレントゲン検査より詳しく見る事ができます。例えば、鼻腔の中、歯の根っこの状態、胸部の異常、腹腔の異常や脂肪の状態など詳しく観察できます。レントゲン検査で異常が見つかった部位の精査にも使用できます。
眼圧 緑内障の兆候を早めに検出する事ができます。特に柴犬、アメリカンコッカースパニールなどは、この検査を定期的にすることはとても大切です。
血圧 高血圧などを検出できます。人間で起こる動脈硬化による血圧上昇は通常はみられませんが、頻度多く測ることで、心臓に異常のある犬、腎臓に異常のある犬は効果的です。
体脂肪率 定期検診で毎回測定しておくと、変化に気付きやすく、生活習慣などを変えることで、将来の病気を予防できます。

この時期に検査をする目的は、病気の兆候の発見です。病気になる前にその兆候を見つけて、病気にならないようにするというのが目的です。