藤井動物病院

検診

犬の検診EXAMINATION OF THE DOG

2歳までの検診対象 : 若齢の2歳ぐらい迄の犬

この年齢で知っておかなければいけないのは、先天異常です。遺伝的なものや、未熟故に起こっている異常があります。検診により、より早く対処ができること、また治療可能なもの、将来の症状を軽減できるものについては、早期に手を打つことができます。また、母犬から母子感染特に寄生虫感染をしていることを早期にチェックして、駆虫や治療を始めます。

この検診を受診すると良い理由

生まれ持った異常、いわゆる先天性疾患を見つけ出す事ができます。
母子感染などによる、寄生虫感染、ウイルス感染の有無を知る事ができます。

検査項目

全身の身体検査、血液検査、尿検査、便検査、レントゲン検査、超音波検査。

この検診で何がわかるのか?

全身の身体検査 形態的な異常を見つけます。頭の先から尻尾の先まで、形態的異常を見つけます。頭のてっぺんの骨が閉じていない子(特に小型犬)お臍、鼠径部のヘルニア。そして、男の子なら、停留睾丸、後ろ足は膝蓋骨の脱臼などがわかります。
血液検査 貧血、肝機能、腎機能、その他の異常で病気の状況を見つけ出します。
尿検査 腎機能や膀胱の異常を見つけます。
便検査 寄生虫や特殊な細菌などを検出します
レントゲン検査 先天的な骨の異常や、短頭種に多い背骨の異常や大型犬で診られる股関節形成不全など、また胸部では先天的な心臓の異常、腹部では臓器の変形が分かります。
超音波検査 腹部臓器をさらに詳しく、形態的に異常がないかを見る事ができます。肝臓の大きさや形、腎臓の大きさや形等です。

この時期に検査していれば良かったと将来思う病気は沢山あります。例えば、大型犬に多い股関節形成不全は先天的な疾患ですが、Penn HIPという検査では、16週齢からこの病気のリスクの有無の検査が可能です。将来的にリスクが高いと判断された場合には、早期に手術を行う事で将来の症状発現の予防を行う事ができます。

小型犬では、レッグペルテス病という股関節の病気や、膝蓋骨内方脱臼などの病気があり、これらも早期に発見・治療することで将来を良好に過ごす事ができます。心臓血管系の異常では、動脈管開存症や門脈シャントと呼ばれる早期に手術が必要なものがありますので、早めの発見が必要です。

そのため、食欲や元気があっても検診を受けて下さい。避妊手術や去勢手術と一緒にできますので、それらの手術と同時での実施をお勧めします。