藤井動物病院

猫の健康のために

寄生虫の予防

寄生虫の予防

お腹の寄生虫の予防も重要です。

お腹に寄生する虫にはいろいろな虫がいます。
お腹に虫が寄生するとさまざまな症状を引き起こします。定期的に駆虫を行っていきましょう。

代表的な内部寄生虫症
回虫症 猫回虫卵の経口摂取や、母猫の母乳から感染します。子猫では重篤な症状を引き起こします。症状としては、腹部膨満、削痩、貧血など、多量に寄生すると肺炎などもおこします。
鉤虫症 鉤虫の幼虫は土壌や湿った環境に存在します。幼虫の経口摂取することで感染します。粘血便、貧血などが起こります。
瓜実条虫症 中間宿主であるノミを摂取することで感染する病気です。
肛門から虫の体の一部が排泄されます。多数感染では、削痩、嘔吐、出血性下痢等をひきおこします。
猫条虫症 中間宿主であるネズミなどを捕食することで感染します。多数感染するとカタル性腸炎、下痢などをひきおこします。
エキノコックス症 エキノコックスはキタキツネや犬、猫にも寄生します。中間宿主であるネズミを捕食することでおこります。人にも感染し、人が虫卵を経口摂取すると重篤な肝機能障害をひきおこします。

ノミ予防

ノミは徹底的に駆除しましょう。

ノミ(英語名:Flea)
ノミ(英語名:Flea)
ノミの幼虫は寝床やカーペットの奥にひそんでおり、ノミが体に寄生するとかゆみからの皮膚炎やノミの唾液によるアレルギー、吸血による貧血などを引き起こします。 また、飼い主様にも寄生し、人獣共通感染症もひきおこすことがあるので、徹底的な駆除が必要です。

ノミは通年予防を行いましょう。

ノミの卵は外気が13度以上あれば孵化します。ノミは暖かい季節に多く発生しますが、暖かいお家のなかに入ってしまっては一年中繁殖してしまいます。飼い主様の洋服や靴にくっついてお家に持ちこんでしまうこともあります。 室内飼いの子もノミの通年予防を行いましょう!