藤井動物病院

藤井動物病院 公式ブログ - 犬の歯周病・歯石除去

犬の歯科処置について

先日、院長が「犬や猫も予防歯科が大切。歯科処置・歯周病対策は専門の獣医師で。」を書きました。

今回は当院の宇佐美獣医師が犬の歯科処置について書きました。犬の歯は人間の歯とは異なるため、専門の獣医師による診断・治療が大切です。飼い主の皆様にもそのご理解いただけるよう、まとめました。

犬の歯科処置について

人と同様に動物においても口腔衛生が重要であると認識されるようになりましたが、日々の診察においては、未だ大半の動物が歯石沈着や歯周病を抱えているのが現状です。Q&A形式でわかりやすく整理してみました。

Q.歯周病は動物にどのような影響がある?

A.動物は少しの痛みでは食欲が落ちることが少ないため、気づきにくいですが、重度な歯周病の場合、私達と同様に痛みを伴います。歯周病菌は肝臓や心臓など全身的な疾患に関与すると言われており、歯周病は動物の寿命にも関連します。歯槽骨まで達するような重度の歯周病の場合には、敗血症に至り、止血機能の異常が起こり命取りになることさえもあります。

Q.健康診断の際に、歯の汚れを指摘されたけれどどうしたら良い?
A.歯石沈着の程度や歯周炎の程度により異なります。

歯肉炎や歯周炎がほとんどなく、歯石沈着が軽度の場合には、ご家庭での口腔内ケアをご指導します。歯肉炎(歯茎の赤み)が出てくる段階の歯石沈着では、歯石除去のためのクリーニングをご提案いたします。歯周炎(歯肉後退や歯の動揺など)が存在する段階では、歯石除去とともに、歯周組織のクリーニングを行います。この際、ダメージの大きい歯に関しては抜歯が適応になることがあります。

適切な処置を行った後は、毎日の歯磨きが最も重要です。その子その子にあったレベルでのケアをご指導いたします。

Q.口腔内処置には全身麻酔が必要なの?
A.全身麻酔をかけるということに対して、心配される方がほとんどだと思います。
最近よく、無麻酔で歯石取りを行ってくれるところがあるというお話を耳にしますが、
1.処置により十分な効果を得るために、
2.安全のためには麻酔が必要です。
以下にご説明いたします。

1.処置により十分な効果を得るために…
口腔内処置は、単に歯石除去を行うことが目的ではありません。
歯周病の治療および予防が目的であるため、歯の表面だけではなく、歯間や歯周ポケットの掃除まで行う必要があります。また、表面だけではなく、歯の裏側も同じように汚れているため、しっかりと口を開けて、内部まで精査する必要があります。無麻酔では、このような十分な処置は不可能です。
そして、歯石除去後は、歯の表面をなめらかにするための研磨作業が必要です。この処置を十分に行わず、歯石を取っただけでは、逆に歯石沈着を起こしやすい凸凹の歯面を作ってしまったことになります。

歯石が取れて見かけが綺麗になっても、十分な処置を行わなければ、歯周病の予防や治療にはならず、症状を悪化させたり、歯石沈着を助長させる原因となってしまうのです。

2.安全面において
歯石を取るための処置は、超音波スケーラーやハンドスケーラーを使って行われますが、超音波スケーラーは歯肉にしみるため痛みを伴います。また、ハンドスケーラーの 先端は鋭く、動物が動いた際に口腔内を容易に傷つけてしまいます。歯石除去中に歯を折ってしまうこともあります。
また、痛みだけでなく、処置の際に感じた恐怖心により口を触らせなくなり、その後のご家庭での口腔内ケアを困難にしてしまうこともあります。

これらは、日本小動物歯科研究会のHPに詳しく記載されております。

Q.麻酔下の歯科処置は具体的にどのようなことをするの?
日帰りで処置を行います。

1.(口腔内精査)
歯石、歯肉炎、歯周病の進行程度および腫瘤などの病変がないか全体的に観察。
【写真】口腔内全体の観察を行います。重度の歯石沈着が認められます。上顎の第4前臼歯(黄色丸)は破折しているのがわかります。
口腔内精査

2.(スケーリング)
超音波スケーラーにて、歯の表側、裏側、歯間を丁寧に磨きます。
【写真】超音波スケーラーにより歯の表面の汚れを落としているところ
スケーリング

3.(抜歯)
動揺している歯や破折している歯など温存が難しい歯があれば、抜歯します。
【写真】破折の認められた歯を歯科用ドリルで分割しているところ
抜歯1
【写真】低侵襲な超音波振骨切削機(PIEZOSURGERY)を用いて歯根膜の剥離をしているところ
抜歯2

4.(ルートプレーニングおよびキュレッタージ)
歯周ポケット内(歯根膜、歯肉縁)を掃除します。

5.(ポリッシング)
歯の表面を研磨し、歯垢を沈着しにくくします。
【写真】2種類の異なる粒子(粗いもの、より滑らかなもの)を用いて丁寧に研磨していきます。
ポリッシング
6.(洗浄)
口腔内、歯周ポケットなど全体的に洗浄します。

7.(記録)
残っている歯、抜歯した歯、歯周ポケットの深さなどを記録します。

Q.歯科処置の後はどうしたらよい?
歯磨きを主としたホームケアが重要です。ご褒美を使用しながら、歯磨きを楽しい習慣にし、毎日続けていくことが大切です。歯ブラシを使用することが好ましいですが、最初は抵抗がある子も多いため、簡単なケアから焦らずに少しずつステップアップすることが大切です。当院ではその子その子のレベルに合った方法をご指導しています。

実際には、動物の場合、口を開けてくれなかったり、嫌がって怒ってしまうなどの理由から正しく十分なケアができるようになるのには根気も必要になります。大人しくケアをさせる子であっても、歯の奥や裏側まで丁寧に磨きあげることはなかなか困難なため、定期的に口腔内チェックを病院で受けていただき、ホームケアと必要な口腔処置を繰り返すことで歯周病にならないようにしてあげましょう。

積極的にホームケアを行っている方でも、経年により歯石沈着が進行してきた場合には、数年に一回麻酔下にて歯石除去を行います。最近では、1年〜2年に一度、定期的にクリーニングをご希望される方も増えてきました。近年では麻酔は安全性が高く、歯石沈着が軽度なうちであれば、麻酔時間も短くすみ、体への負担も最小限です。

<当院の歯科処置設備>
麻酔時間をより短縮し、より安全性が高く、痛み・負担の少ない処置を心がけています。

・診察機器
1.デジタル歯科X線
歯槽骨、歯周組織など通常のレントゲン装置では評価が困難である薄い組織に対して鮮明な画像が得られます。歯1〜2本の限局的な評価に使用します。
【写真】デジタル歯科X線
デジタル歯科X線装置

2.小型CT撮影装置
わずか18秒で頭部のCT画像を撮影できる機械です。歯周病が重度である症例に関しては、歯を1本ずつX線撮影し評価することは時間がかかるため、CT撮影を実施することで大幅に時間短縮が可能です。また、鼻腔内に炎症が波及している場合などでは、歯の評価と同時に鼻腔内、副鼻腔まで評価を行うことができます。CT画像はコンピューター処理にて立体画像構築することにより、飼い主様にわかりやすい説明を心がけております。
【写真】小型CT撮影装置
小型CT撮影装置

【動画】3DCT画像 ※音量をONにすると解説を聞くことができます。

・施術機器
1.歯科ユニットOral Vet と 超音波スケーラー iPiezo engine Varios970
歯科処置は、最も多い処置の一つであるため、当院では2箇所で処置を行うことができるよう、機械は2台設置しております。
1台は、歯科用ドリルまで一体化された総合的なユニットです。
【写真】Oral Vet
oralvet
【写真】iPiezo engine Varios970  iProphy
iPiezo engine Varios970 iProphy

2.超音波振動骨切削機(PIEZOSURGERY)
人の歯科医院においても抜歯処置などに使用される機械です。
超音波振動にて歯肉や神経、血管を痛めることなく、歯槽骨、歯根膜を切削できるため、低侵襲な処置が可能であり、疼痛緩和が可能です。
【写真】(PIEZOSURGERY)
PIEZOSURGERY

3.半導体レーザー
COMPANION THERAPY LASER Lite Cure,LLC CTS-S)
歯周ポケット内の清掃・殺菌を行うことができる装置です。より狭い歯周ポケットの内部も処置が可能であり、炎症組織に作用し、歯茎の治癒を促進し、歯根との再付着を促します。
【写真】本体
① 半導体レーザー (COMPANION THERAPY LASER Lite Cure,LLC CTS-S)
【写真】外科処置用ハンドピース
外科処置用ハンドピース

犬の予防歯科や歯周病の検査・治療は、技術と歯科の設備が充実している動物病院で。まずは獣医師にご相談ください。

犬の歯周病予防としての歯石除去

歯周病には、「歯肉炎」と「歯周炎」と2つの要素が含まれます。

歯周病は、口腔内の細菌が歯の表面に付着するプラーク(歯垢)を形成する時に始まります。そして、唾液などに含まれるミネラルがその歯垢を硬化させて歯石となり、歯肉炎→歯周炎と進行します。

歯肉炎は、その名のとおり、軽度の歯肉の炎症から始まります。その炎症をそのまま放っておくと、歯肉炎は進行し、歯肉が腫れ、出血がみられるようになります。

細菌が歯肉だけでなく、その奥の歯根膜や、さらに奥の歯槽骨まで進行すると「歯周炎」になります。放っておけば炎症が口内に広がり、歯のグラつきがでてきます。

歯周病は放っておけば、肝臓や腎臓、心臓など二次的な病気へ発展しますケースもありますので、十分な注意が必要です。

そうならないためにも、普段の歯のケアは必要となります。普段の歯磨きや歯磨きガムなどの利用などはもちろん大切ですが、なかなか難しいこともあります。

定期的に歯の健診を受け、獣医師の指導を受けてください。そして、歯周病の原因の一つともいえる、歯石除去もお考えください。当院には歯科関係の専門機器も充実しています。また、それらの機器を扱う技術も経験を重ねていますので、まずはご相談ください。

(ご参考)犬の歯石除去
http://fujii-vet.com/dog/tartar/

犬や猫も予防歯科が大切。歯科処置・歯周病対策は専門の獣医師で。

人間と同様、歯の健康は寿命を延ばします。犬においても、歯をきれいに保って育てると、平均15%寿命が延びると言われています。これは2年に相当します。しかしながら、犬猫の歯を磨くというのはなかなか大変なことです。

私(院長の藤井康一)が1990年代初頭にアメリカのペンシルバニア大学獣医学校に留学していた頃は、すでに動物の歯科学が存在していました。口腔外科の先生が学生に歯の種類や病気を覚えさせるためにクロスワードパズルを作らせていたのを覚えています。

そんな授業を受けた後に、一人の学生が「自分の歯もきれいに磨けないのに、犬や猫の歯は磨くなんてことできないよ」と私に話していたのを覚えています。当時、アメリカでは人間の歯の矯正は当たり前の時代でしたが、やはり動物の歯となると、このような考えが一般的だったのかもしれません。

あれからもう四半世紀がたちました。そして現在のアメリカの動物病院では、特に2月がデンタルマンスという特別な月になっていて、毎年この月に麻酔をかけて歯のケアをする飼い主さんが沢山います。そのほとんどが、きれいな状態を保つための歯の処置で、歯周病になっている歯を抜くためではありません。完全な予防の歯科処置に変わっています。

一昨年に訪れた、シカゴの動物病院では一般の外科の手術室は1つなのに、歯科の手術室は2部屋ありました。このように時代とともに、悪いところを取るという概念から、悪くならないようにするという予防に方向性が変わっています。

日本でもだいぶ予防の歯科処置の子が増えてきてはいますが、未だに歯周炎の治療が必要な子たちが多いのも事実です。また最近では無麻酔での歯科処置をするという獣医師ではない方の施術が目につきます。歯は表面上きれいに見えても、歯周病の治療をしないと何の意味もありません。

そのため歯はきれいなのに、抜かなければいけない歯がほとんどという子を目にするようになりました。日本には日本小動物歯科研究会という歯科の専門分野を研究するグループがあります。そこでこの無麻酔下歯石除去についてのコメントがありますので、是非ごらんになってください。 ご参照 「無麻酔で歯石をとる?!(PDF)

また犬の歯は人の歯と違い、かみつぶすという機能はあまりありません。臼歯とは呼ばれていますが、ほとんどの歯は、刺すという行為と裁断するという行為の歯です。処置や磨き方は人とは違いますので、定期的に獣医師の指導を受けてください。