藤井動物病院

藤井動物病院 公式ブログ

確かな診断力を支える「触診」という技術

確かな診断力

総務スタッフです。先日、獣医師・動物看護師の求人資料を作成するために写真撮影を行いました。撮影後、写真を整理していると一つの共通点に気がつきました。それは、診察の際、動物に直に触り様子を診たり、聴診器を当て体内の発生する音などを聞き取ったりして、丁寧に動物を診ている姿です。

診察は、問診から始まります。問診とは、飼い主さんの訴えです。数日の症状や変化、病歴など口頭で獣医師が耳を傾けます。その主訴をもとに、診察・検査をして診断を下し、治療をします。

その流れは人と同じですが、動物は直接の会話をすることができません。それゆえ診察において人間以上に視診・触診・聴診が重要となります。これらの技術を鍛え上げないと、確かな診断はできません。

視診・触診・聴診で病気を絞り込み、検査が必要な場合のみ検査を実施し、治療に入ります。藤井動物病院には「とりあえずの検査」「とりあえず様子を見る」という診断がないのは、これらの診察を丁寧に行い、そこで確度を高くして検査や治療ができる技術があるからです。

中でも「触診」は重要です。藤井動物病院では診察時に症状にかかわらず、13カ所(200項目)の身体検査を実施します。13カ所とは、眼、耳、鼻、咽喉頭、消化器、生殖器、皮膚、リンパ節、可視粘膜、心血管系、呼吸器、筋骨核系、神経系です。

この身体検査を実施することで、飼い主さんも気がつかない本来の病気を探ることが可能です。この触診を徹底し、的確な診断を施すことが重要だと考えています。

「問診・触診・聴診で診断の70%以上が決まる」。これは院長の藤井が1990年初頭、米国のペンシルバニア大学へ留学した際に、Dr.Washabawという後に米国内科・学会長になった教授が学生に説いていたことです。

「1番の触診ができる獣医師になる」。藤井院長の当時の思いは、当院の獣医師にも伝承され、今日の診察・診断に生かされています。