藤井動物病院

藤井動物病院 公式ブログ

犬や猫も予防歯科が大切。歯科処置・歯周病対策は専門の獣医師で。

人間と同様、歯の健康は寿命を延ばします。犬においても、歯をきれいに保って育てると、平均15%寿命が延びると言われています。これは2年に相当します。しかしながら、犬猫の歯を磨くというのはなかなか大変なことです。

私(院長の藤井康一)が1990年代初頭にアメリカのペンシルバニア大学獣医学校に留学していた頃は、すでに動物の歯科学が存在していました。口腔外科の先生が学生に歯の種類や病気を覚えさせるためにクロスワードパズルを作らせていたのを覚えています。

そんな授業を受けた後に、一人の学生が「自分の歯もきれいに磨けないのに、犬や猫の歯は磨くなんてことできないよ」と私に話していたのを覚えています。当時、アメリカでは人間の歯の矯正は当たり前の時代でしたが、やはり動物の歯となると、このような考えが一般的だったのかもしれません。

あれからもう四半世紀がたちました。そして現在のアメリカの動物病院では、特に2月がデンタルマンスという特別な月になっていて、毎年この月に麻酔をかけて歯のケアをする飼い主さんが沢山います。そのほとんどが、きれいな状態を保つための歯の処置で、歯周病になっている歯を抜くためではありません。完全な予防の歯科処置に変わっています。

一昨年に訪れた、シカゴの動物病院では一般の外科の手術室は1つなのに、歯科の手術室は2部屋ありました。このように時代とともに、悪いところを取るという概念から、悪くならないようにするという予防に方向性が変わっています。

日本でもだいぶ予防の歯科処置の子が増えてきてはいますが、未だに歯周炎の治療が必要な子たちが多いのも事実です。また最近では無麻酔での歯科処置をするという獣医師ではない方の施術が目につきます。歯は表面上きれいに見えても、歯周病の治療をしないと何の意味もありません。

そのため歯はきれいなのに、抜かなければいけない歯がほとんどという子を目にするようになりました。日本には日本小動物歯科研究会という歯科の専門分野を研究するグループがあります。そこでこの無麻酔下歯石除去についてのコメントがありますので、是非ごらんになってください。 ご参照 「無麻酔で歯石をとる?!(PDF)

また犬の歯は人の歯と違い、かみつぶすという機能はあまりありません。臼歯とは呼ばれていますが、ほとんどの歯は、刺すという行為と裁断するという行為の歯です。処置や磨き方は人とは違いますので、定期的に獣医師の指導を受けてください。